ご利用者の声 ご利用者の声

居宅看護ホームケアナーシング

長期療養

自宅で最期を迎えたい…ご本人やご家族の想いに応えます。
24時間365日 安心のオーダーメイド看護のプライベート看護サービスなら、きっとお力になれます。

『ご本人の喜びに、ご家族も満足』Aさん(87歳・男性)の場合

末期がんと診断されたAさんは、ご自宅での療養生活を強く希望され、
主治医の指示のもと、プライベート看護サービスを、毎日12時間・約4ヶ月の間ご利用されました。
Aさんは緩和ケアにより、あまり苦しまれることもなくがんと向き合い、最後は同居されているご長男ご夫婦、お孫さんをはじめ、ご家族の見守られる中で、お静かに最後を迎えられました。

終末期を迎えたご家族の看護(ターミナルケア)

誰もが避けて通ることのできない、人生の終着。「自宅の畳の上で死にたい」というごく普通な欲求に、
プライベート看護サービスはご利用されて評価をいただいています。

『夜でも看護師さんが一緒で安心でした』Bさん(70歳・男性)の場合

余命告知の後、入院中のBさんはご帰宅をご希望されていました。希望が叶い、退院することとなったBさんでしたが、ご自宅での療養経過の中で、痛みを訴えることが多く睡眠も不規則になり目が離せない状態になりました。
お一人での生活を心配した息子さんがプライベート看護サービスを知り、長時間の夜間看護サービスを当社へご依頼されました。
深夜に看護師が付き添うことよりBさんの病状も安定し、Bさんのご希望であったご自宅での療養生活が可能となりました。
息子さんからは「常に看護師さんがそばにいて、父も安心だったと思います。そして父の希望どおり、自宅で安らかに最期を迎えることができたのも看護師さん達のお陰です。」とのお言葉をいただきました。

院内看護ベッドサイドナーシング

病棟での付き添い看護

人生初の入院、初の手術。プライベート看護サービスの病室付き添いなら、
手術前・手術後の緊張と不安を和らげ、入院時の生活も支えます。

『入院時の精神的な支えに』Cさん(50歳・男性)の場合

定期健診の結果、胃がんの診断を受けたCさんはすぐに入院することになりました。
その際、Cさんとご家族はプライベート看護サービスをご依頼され、当社看護師がお仕事のあるご家族に代わり医師の術前の説明から同席、Cさんに病状をより詳しくご説明すると共に、Cさんとご家族に安心感をご提供しました。
手術は無事成功、手術後、Cさんは病室での入院生活をおくることとなりましたが、プライベート看護サービスの看護師がベッドサイドで24時間の付添い看護サービスを行いCさんの術後の不安を解消し、ご家族に代わり身の回りのお世話をしました。
Cさんは順調に回復され、お仕事にも復帰されることとなりました。

外出付き添い看護アテンドナーシング

旅行、結婚式の移動時の看護

自宅療養をしている方を見守るご家族の旅行、あるいは慶弔による遠方への外出時にもプライベート看護サービスを。
ご本人、介護されるご家族を含めてQOL(生活の質)向上のお役に立ちます。

『人生の中で大切な一日だからこそ』Eさん(80歳・男性)の場合

息子さんの結婚式を目前に控えていたEさんは、体の筋肉が委縮してしまう難病が急激に進行し、介助なしでは自由に動くことができません。Eさんは大きな会社を一代で築き上げた方なので、息子さんの結婚式には、長年お付き合いしてきた仕事関係のお仲間も大勢出席する予定です。今は息子さんが会社を継がれていますが、息子さんとしては父親であり、創業者でもあるEさんが、何とか結婚式の乾杯だけでも同席できることを望まれました。そこで結婚式場に相談されたところ、プライベートナースのサービスを知り、ご依頼に至りました。
当初は乾杯だけに出席し、お食事は別室で摂られる予定でしたが、久しぶりに会った昔のお仲間とも話が弾み、Eさんご自身のご希望でそのまま会場に残られることになりました。食事は看護師のサポートで、ゲストの皆様と楽しまれ、式終了後にはゲストのお見送りまでされました。難病の進行で食が細くなっていたEさんでしたが、その日は奥様も驚かれるくらいの食欲でした。

『療養中のリフレッシュにも』Dさん(80歳・女性)の場合

Dさんは大腿骨骨折後、療養型病院に入院され、長らく帰っていなかったご実家(片道約300km)のお墓参りをご希望されていました。娘さんご夫婦がDさんのご希望を叶えるために帰郷の計画を立てましたが、車椅子移動の点が不安でした。そこでプライベート看護サービスにお問合せいただき、2泊3日の旅程を看護師2名体制でサポートするプランを計画されました。
初日は昼に病院出発。Dさんにとっては久々の外出で半日がかりでの移動となりましたが、無事旅館に到着しました。2日目の午前中は、旅館の厚意により貸切となった大浴場でお風呂を満喫され、午後には念願であったお墓参りを済まされました。夕方からはご親類の方々とのお食事会を楽しまれ、3日目の午前中に旅館をご出発し、無事に帰院。
終始笑顔で過ごされ、帰りの介護タクシーの中で「私の人生の中で大切な一日を家族みんなで一緒に過ごせて本当に良かった」と娘さんご夫婦と共に嬉しそうにお話をして下さいました。
全日程を通じてDさんは笑顔で旅行を楽しまれ、娘さんご夫婦もDさんの希望を叶えられたこと、安心して旅行できたことを大変喜ばれたご様子でした。

お電話によるお問い合わせ:0120-600-752
看護師に相談(無料)